TOEIC対策 英語ビュッフェ 評判

TOEICは参考書選びから!おすすめTOEIC教材紹介サイト

「TOEICテスト対策 英語ビュッフェ」のレビュー

 


突然ですが、「月1980円のTOEIC スクール」があったら、利用してみたいと思いませんか?

 

英語ビュッフェ画面イメージ

 

今回紹介するのは、「通う」スクールではありませんが、自宅で受けられるTOEICの総合オンライン講座
「TOEIC対策 英語ビュッフェ」
です。

 

TOEIC学習者を強力にサポートするオンライン講座

こんにちは。

 

TOEICの勉強は、参考書・問題集での「独学」がほとんどの人にとっての基本になっていると思いますが、「TOEIC対策 英語ビュッフェ」では、オンラインで問題を解いたり質問をしたりできる通信講座です。

詳細はこの記事で見ていきますが、講座の内容はざっくり言うと「独学でTOEICを極めたい人を圧倒的な『質と量』でサポートする講座」です。

 

それでは、「TOEIC対策 英語ビュッフェ」をレビューしていきます。

 

講座運営者の紹介

本講座の運営は、Sapiens Sapiens Inc. USA Clubという会社です。

事業内容は以下のとおり。

 

•英会話及び資格試験指導 (TOEIC、TOEIC SW、TOEIC、GRE、GMAT、SAT、IELTS、英検)
•アメリカへの留学サポート (学部、大学院、MBA、法学校)
•他留学サポート (イギリス、カナダ、オーストラリア、インド、中国、タイ、スイス、ドイツ)
•社員教育におけるオンライン教育の実施
•英語文書の和訳、日本語文書の英訳
•企業により派遣留学をされている企業様に対するコンサルティング及び支援サービス
•海外赴任される方を対象とした外国語教育

 

TOEIC関連をメインにしながらいろいろな事業をやっているようです。Sapiens Sapiens Inc. USA Club社の活動や教材は千葉テレビ、スカパー他各メディアで何度も紹介されているとのこと。

 

同社の代表は山内勇樹さん。

◆山内勇樹さん 略歴

専門:
英語資格試験講師(TOEFL, GRE, GMAT, SAT, TOEIC, etc.)

経歴:
1980年長崎県生まれ、広島育ち
1999年よりアメリカカリフォルニア州に渡米、
UCLA卒業、脳神経科学(Neuroscience Major)

現在日本にて留学サポート・英語指導に関するサービスを提供。

TOEIC 990点、TOEIC SW400点。

モットー:
信念を持って教育を提供し、そして結果を出す。

社会活動の履歴:
英語スピーチコンテスト 審査員(OVAL)
就職内定勉強会 特別講師
AllAbout 前専門家(TOEFL, GRE, GMAT)

 

著書:

「東大・京大卒に勝てる! 世界のトップ大学に編入する方法―――偏差値39でも、一流の子に変わる!」他。

 

講座の概要

「TOEIC対策 英語ビュッフェ」の概要です。

 

■講座コンテンツ(自宅で視聴)

ビデオ講義

TOEIC練習問題

TOEIC模擬試験

フォーラム

学習進捗管理・可視化ツール

メール週間配信(動画教材配布)

 

■利用環境

PC、パッド、スマホ等。

Chrome又はFireFox推奨。

 

■料金

月額課金サービス。

1,980円/月。

14日間無料、以後毎月15日に決済。

1月単位で退会可能。

 

■対象者

英語初心者~TOEIC上級者

 

おおまかな内容はこんな感じです。

英語初心者も対象と書いていますが、基本はTOEIC対策に軸をおいています。

 

講座の購読を申し込み、ユーザー登録すればすぐに利用できるようになります。

 

学習内容の詳細

 

ログインすると、下の図のように画面上部の各メニューが選べるようになるので、学習したいものを選びます。

 

「TOEIC対策 英語ビュッフェ」では、カリキュラムが決まっているわけではなく、学習者が好きなメニューを選んで利用する形式です。

 

英語ビュッフェメニュー画面

 

次は、各コンテンツの詳細を解説していきます。

 

動画レクチャー

ビデオ講義です。

次の4つのビデオがあり、それぞれがさらに章に分かれています。

 

1.ABCから(初心者向け)

2.High Beginner(中級者向け)

3.TOEIC文法

4.冠詞(上級者向け)

 

まず、3.TOEIC文法について。

「TOEIC文法」では、TOEICの主要文法事項の解説が聞けます。

講師の姿は見えませんが、下のように黒板風の画面と日本語の音声解説で、TOEIC対策のポイント等も交えながら各文法が解説されます。TOEIC形式の例題に基づいた解説もあります。

 

英語ビュッフェのTOEIC文法講義ビデオ

 

「TOEIC文法」は次のような項目があります。それぞれ長さはまちまちですが、40分を超える長い講義もあります。

 

■「TOEIC文法」講義内容(抜粋)

1.動詞 -時制、自動詞/他動詞

2.動詞 -能動態と受動態-

3.名詞

4.代名詞

5.形容詞の3用法と種類

6.副詞

・・・

18.仮定法 -if-

前置詞&Ending

 

文法項目ごとに講義ビデオがまとめられているので、重点的に学習したいものから視聴できます。「文法用語を使わずに」などと手加減したりしていない本格講義です。TOEICで上を目指すには文法用語は避けて通れません。

 

「TOEIC文法」以外の「ABCから(初心者向け)」「High Beginner(中級者向け)」「冠詞(上級者向け)」は、TOEIC対策に限らない英語の文法解説です。

下の左の画面は「ABCから」という初心者向け講義(解説している方は(Debbieさんというらしいです)、すごくゆっくりしゃべってくれます。綺麗な方です)。
右の画面は「冠詞(上級者向け)」という講義(こちらはDavidさん。やや難しそうな顔をしていますが、ゆっくり解説してくれます)。どちらの講師も、フル英語講義です。

 

 

問題(単問ベース)

TOEIC形式の問題に1問単位で挑戦できます(まとまった時間がないときでも取り組みやすいですね)。

そして、どんな問題を解きたいかによって、問題の属性を細かく指定することができます。

 

英語ビュッフェの練習問題画面

 

まず、下の中から、自分が解きたいパートを選びます。

・All

・Listning

・Reading

・Speaking

・Writing

 

例えばListeningを選んだら、さらに下の中からパートを選びます。

・All

・Part 1 Photographs

・Part 2 Question-Response

・Part 3 Conversations

・Part 4 Speech

 

パートだけでなく、問題の特性も選択することができます。例えば上でPart1を選んだら、どんな写真を使った問題かを、下の中から選べます。

・All

・Photos:People

・Photos:Location

・Photos:Things

 

さらに写真の特性を細かく選択することができ、例えば上でPhotos:Peopleを選んだら、下の中からシチュエーションを指定できます。

・ALL

・DAILY LIFE

・GENERAL BUSINESS

・ENTERTAINMENT

・ACADEMIC

・INTERNET

 

難易度は「All Levels(全レベルから出題)」又は1~5で指定できます。

 

こんな感じで、自分が強化したいところをとことん追及することもできるし、すべて「ALL」を選択することで、まんべんなく解いていくこともできます

 

模擬テスト

模擬テストでは、前回のテストを利用するか等、最初にセットアップをしてからテストを開始します。

難易度は、Normal Simulation/Beginner/Advancedの3レベルから選べます。

 

英語ビュッフェの模擬テスト設定画面

 

 

実際の模擬テスト画面は下の画像のような感じです(パート1をやっているところ)。

画面左側の選択肢をクリックして、右上のNextボタンで次の問題へ行きます。

残り時間の表示があり、カウントを止めることもできます。

 

クリックで解答できるのは楽チンです。

実際の試験はえんぴつでマークを塗らなければなりませんが、そこは別途練習すれば良い話です。

 

 

特にPart1などは、「問題を覚えてしまって練習にならないのでは?」という心配をする人もいるかもしれませんが、この「英語ビュッフェ」なら大量の問題に当ることができるのは大きなメリットです。

 

質問コーナー

講座の問題で分からないところについて質問をすることができ、講師から回答がもらえます。

動画で回答してくれることもあり、充実しています。

自分が質問をして、回答をもらえるのはもちろん助けになるのですが、「他人がどんな質問をしているか」見ることができるのも良いです。

 

英語ビュッフェの質問コーナー画面

 

保存ボックス

自分の間違いやすい問題など、後でもう一度解きたい問題などがあったときに保存しておけます。

さらに、保存した問題の中で、「リスニング問題だけ解きたい」、「レベル5問題だけ解きたい」というときに、条件に合う問題だけを表示してくれる機能があり、便利で効率的です。

 

グラフ統計

自分が解いた問題の集計結果を、いろいろな形で見ることができます。

弱点はどこか、取り組む問題に偏りはないか、解答にどれだけ時間がかかっているか、等、スコアアップのための検討材料になります。自分で気づいていないことが見えてくることもあるでしょう。

英語ビュッフェのグラフ統計画面

 

サンプル

TOEIC SWテストで、エッセイやスピーチのサンプルとその添削解説を視聴することができます。

わかりにくいですが下の画像は、学習者の書いたエッセイを解説しながら添削している動画の1ショットです。

添削はネイティブ講師がノーマルスピード英語で解説しています(上級者向けコンテンツとなっています)。

 

英語ビュッフェのサンプル画面

 

レッスン

Skypeによるレッスン。別料金なので本記事では言及しません。

 

メール週間配信

週2回、サポートメールが配信されます。

 

特に、

「Yamazaki story」

というストーリー型TOEIC教材のダウンロードURLが毎回送付される点が特長です。

ストーリー形式で学習するTOEIC語彙教材というのは、少なくとも書籍教材では見たことがありません。

物語を追いかけながら単語を覚えていけるレア教材と言えるでしょう。

※下の画像は単なるキャプチャです(再生はできません)。

 

英語ビュッフェの特典Yamazaki Story画面

 

講座の内容は以上になります。

 

総評

「TOEIC対策 英語ビュッフェ」の総合評価・・・評価A(優れている教材)

 

ということで、レビューしてきた「TOEIC対策 英語ビュッフェ」ですが、手取り足取り教えてくれるという意味の「講座」ではなく、自分が求めれば、求めたことに答えてくれる「講座」です。

 

本講座の基本的な利用の仕方は、練習問題や模擬テストを利用することですが、単にオンライン環境に問題と解答が置いてあるだけのサービスではありません。問題パターンや難易度レベルごとに問題が分類され、自分のターゲットとする問題にすぐにアクセスできる点などは学習の効率化にとても役立ちます。

 

5000問ストックされてるそうなので、問題に飢えている中~上級者は思う存分解くことができるでしょう。

学習履歴がすべて保存され、可視化ツールも完備されているので進捗管理、軌道修正に活用できます。

 

分からない問題について講師陣が答えてくれる「質問コーナー」は、初級者はもちろん、どのレベルの人にとっても利用しがいがあります。

TOEICの道に入る準備の出来た方は、「TOEIC対策 英語ビュッフェ」の門を叩いてみましょう!

 

>TOEIC対策 英語ビュッフェ 公式サイトへ

 

全般

この記事に関連する記事一覧