TOEIC 問題集 参考書

TOEICは参考書選びから!おすすめTOEIC教材紹介サイト

「1駅1題 新TOEIC TEST 読解特急」(神崎正哉さん他)のレビュー

 


 

こんにちは。

TOEIC教材レビューは続いていますが、パート5&6対策教材は前回の記事でひと区切りとします。

 

今回はパート7(長文読解)の参考書「1駅1題 新TOEIC TEST 読解特急」をレビューします。

 

パート7対策本のレビューは「リーディング プラチナ講義」以来です。これからパート7対策本が続くかな?それはわかりません。

 

それではレビューに行きましょう。

 

著者の紹介

本書は、神崎正哉さん・TEX加藤さん・Daniel Warrinerさんの3人が参加しているようです。

 

神崎正哉(かんざき まさや)さんとは?

1967年神奈川県生まれ。

神田外語学院講師。エッセンス イングリッシュ スクール講師。

東京水産大学(現東京海洋大学)海洋環境工学科卒。
TOEICテスト990点。TOEICスピーキングテスト200点。TOEICライティングテスト200点。英検1級、国連英検特A級、ケンブリッジ英検CPEなど英語の資格多数。

TEX加藤(テックス かとう)さんとは?

1967年大阪府生まれ。

神戸市外国語大学外国語学部英米学科卒業。

大手メーカーの米軍基地担当、外資系小売業バイヤーを経て、大手玩具メーカーで商品企画に携わり数々の大ヒット商品を生み出す。

明海大学、エッセンスイングリッシュスクールでの勤務を経て、現在、神田外語学院でTOEIC TEST講師を務める。

2011・2012・2013年TOEIC公開テスト全26回すべて990点。

英検1級。

TOEIC参考書の著作多数。

 

Daniel Warriner(ダニエル ワーリナ)さんとは?

1974年、カナダ、ナイアガラフォールズ生まれ。

ブロック大学英文学科卒。1998年来日。

北海道大学、都内の英語学校でTOEICテスト対策、英会話を教える傍ら、講師トレーニングおよび教材開発に携わる。

現在、英文校正者として翻訳会社に勤務。

 

教材の概要

本書の概要は、以下のとおりです。

 

■基本情報

・TOEIC パート7(読解問題)対策本

・例題解説型(1題ごとに解答・解説が書かれているので、解いてすぐ確認できる)。1問ごとの目標解答時間あり。

・ダブルパッセージ問題も収録。ただしトリプルパッセージ問題はなし。(2016年以降の新形式には対応していません)

 

■テキスト

新書サイズ、253ページ。

問題文→設問→解答解説→日本語訳という順で構成されています。

1問解いたら、すぐ答えを確認できます。通勤などのちょっとした時間を利用して解くことを考慮した構成です。

 

 

 

■音声ファイル

ウェブサイトから、文書、設問、選択肢の音声ファイルがダウンロードできます。パート7対策本で音声ファイルがついているのは珍しいそうです。確かにそうかもしれません。

 

 

学習内容の詳細

本書は以下のような内容になっています。

 

はじめに-ポイント理解編

ここでは、TEX加藤さんと神崎正哉さんの対話形式で、パート7対策の学習の仕方が解説されています。次のような内容です。

 

・読解力を鍛えるために、高い効果が出るトレーニングの一番のコツ

・パート7を得意パートとすることのメリット

・多くの人がパート7で苦手と感じる理由と、その解消方法

・パート7を時間内に終わらせて得点源にする方法

・パート7の基礎固めが終わった後に必要な2つのこと

・読解力を上げるために必要なTOEIC以外の教材

・本書の効果的な使い方、問題を解く目標ペース

・パート7問題の出題パターン

 

第1部-TOEICスピード獲得編(16セット、48問)

いよいよ問題に入りますが、第1部では文書+質問3の固定構成で16セットが収録されています。

文書の種類はお知らせ、メール、レポート、広告、告知などさまざまです。

 

第2部-実践!Part 7まるごと完走編(13セット、48問)

ここではTOEIC本番(※)とおなじパート7の問題数、すなわち次の配分になっています。

 

  • 文書+質問2×3セット
  • 文書+質問3×3セット
  • 文書+質問4×2セット
  • 文書+質問5×1セット
  • ダブルパッセージ文書+質問5×4セット

 

問題のバリエーションを知るとともに、自分の中で時間配分の目安を決めてトレーニングするのにも利用できます。

※2016年の形式変更前の構成です。

 

コラム

本書には多くのコラム(読み物)が掲載されています。話題は以下のようなものです。マニアックな話もあります。

 

・スコアアップのための集中力UP法:アイ・コントロール

・TOEIC試験当日の遅刻の許容範囲

・ニッチなTOEIC対策

 

「1駅1題 新TOEIC TEST 読解特急」の評価

教材コンセプトは?

ちょっとこの教材は、コンセプトは分かりづらいです。パート7の例題+解説に、プラスアルファの何かが欲しかったところです。

特長をあえていうなら、通勤中などちょっとした時間でもパート7問題に取り組めるような構成、ということかなと思います。

 

取り組む価値のある教材か?効果は上がるか?

効果は上がると思います。問題を解いて解答・解説を読んで理解するという一連の学習はもちろんできますが、それに加えて神崎氏/TEX氏の対話型解説(かけあい解説に定評あり)が入っており、問題の難易度・TOEICの問題傾向・重要単語・注目すべき「言い換え」などさまざまな側面について種明かし的な解説が入っているので、ポイントがつかみやすくなっています。

 

誰でも実践できる学習内容か?

本書ではあまりテクニック・ノウハウ的なものはなく、時間を意識しつつ例題を解いていくだけです。スピードは差がつくかもしれませんが初級者でも取り組めるし、解説も理解できるでしょう。

 

メリット・デメリット

■デメリット

・例題と解説はあるが、解法テクニック的なものがない。先に設問を読むとか読まないとか、選択肢を読むとか読まないとか、テクニカルな内容があってもよかったのでは。

・加藤氏とTEX氏の対話解説で取り上げられる語句以外は、意味や例文が記載されていないので自分で調べる必要がある。(日本語訳は掲載されています)

※リニューアル版では語注が追加されているそうです。

 

■メリット

・解いてすぐ答え合わせができる構成は、隙間時間に学習するのに良い。まとまった時間のとれないときも学習を続けられる。

・TOEICでよく見られる「言い換え」や、英文中の単語を不正解の選択肢に散りばめる引っ掛けなどがしっかり組み込まれており、実戦的な問題になっている。

 

総評

1駅1題 新TOEIC TEST 読解特急の総合評価・・・評価B(良い教材)

 

特急シリーズの読解問題(パート7)対策本ということでレビューしてみましたが、ちょっと物足りないかなという気持ちです。

 

適度に難しめの問題を混ぜていたり、TOEIC頻出の言い換えを意識した選択肢を入れたりと、問題作りには工夫されていると思います。 しかし解き方のテクニック的なものがもう少し欲しかったなと。

 

神崎氏とTEX加藤氏の対話の中で、ポイントとなるところが解説されているのは良い点です。

 

パート7の分量に慣れるとか、時間管理を意識付ける目的の練習用問題集としては良いと思います。

 

本書はリニューアル版が出ており、語注がついたりとかいろいろと改善されているらしいので購入するならリニューアル版をどうぞ。

 

 

◆おすすめオンライン講座◆

500本超の動画レクチャー見放題!

本番そっくりのサンプル問題5000問解き放題!
模擬テスト受け放題!

分からない所は質問し放題!

 

TOEIC対策『英語ビュッフェ』

 

>>詳細はこちら

 

 

タグ :    

リーディング

この記事に関連する記事一覧