読解特急2

TOEICは参考書選びから!おすすめTOEIC教材紹介サイト

「新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編」(神崎正哉さん他)のレビュー

 


 

こんにちは。

 

今回はTOEIC Part7問題集「読解特急2 スピード強化編」を紹介します。

 

ここのところなぜか神崎先生の本が多いです。

 

ではレビューに入ります。

 

教材著者の紹介

本書の著者は以前レビューした「1駅1題 新TOEIC TEST読解特急」や「読解特急3 上級編」と同じく、神崎正哉さん・TEX加藤さん・Daniel Warrinerさんの3人になります。

 

神崎正哉(かんざき まさや)さんとは?

1967年神奈川県生まれ。

東京水産大学(現東京海洋大学)海洋環境工学科卒。テンプル大学大学院修士課程修了(英語教授法)。

神田外語学院講師。エッセンス イングリッシュ スクール講師。
TOEICテスト990点。TOEICスピーキングテスト200点。TOEICライティングテスト200点。英検1級、国連英検特A級、ケンブリッジ英検CPEなど英語の資格多数。

 

TEX加藤(テックス かとう)さんとは?

1967年大阪府生まれ。

神戸市外国語大学外国語学部英米学科卒業。

大手メーカーの米軍基地担当、外資系小売業バイヤーを経て、大手玩具メーカーで商品企画に携わり数々の大ヒット商品を生み出す。

明海大学、エッセンスイングリッシュスクールでの勤務を経て、現在、神田外語学院でTOEIC TEST講師を務める。

2011・2012・2013年TOEIC公開テスト全26回すべて990点。

英検1級。

TOEIC参考書の著作多数。

 

Daniel Warriner(ダニエル ワーリナ)さんとは?

1974年、カナダ、ナイアガラフォールズ生まれ。

ブロック大学英文学科卒。1998年来日。

北海道大学、都内の英語学校でTOEICテスト対策、英会話を教える傍ら、講師トレーニングおよび教材開発に携わる。

現在、英文校正者として翻訳会社に勤務。

 

教材の概要

本書はTOEICパート7(読解問題)を練習するためのドリル問題集です。

教材の概要を書いておきます。

 

■基本スペック

・TOEIC Part7の問題ドリル。

・初級~中級者向け。

・1問ごとに答えを確認できる構成。

・2010年9月 第1刷発行(2016年以降の新形式には未対応)。

 

■テキスト

新書サイズ、255ページ。

問題の文書、設問、正解、解説、語注、和訳がセットになったものを30セット収録。

 

 

■音声ファイル

問題文と設問(選択肢は含まない)の読み上げ音声が用意されています。

ウェブサイトからMP3ファイルダウンロード可能。

30トラック、39MB。

 

学習内容の詳細

本書は基本的にひたすらPart 7問題を解いていくドリル教材ですが、ポイントは「スピード強化」です。

 

スピード力の養成

スピード強化といっても別にやることが変わるわけではなく、文書を読んで設問に答えるのは本試験と同じです。

 

ここで「スピード」とは何かというと、一定時間で読めたワード数を目安とします。

 

TOEICでは150words/min(1分間に150語)の読解スピードが必要といわれているそうです。

 

前作「読解特急」では1問ごとに目標解答時間が設定されていて、中で解くことを目指すという方式でしたが、本書では時間を制限するのでなく積極的にスピードアップしていこう!という考え方になっています。

 

すなわち読むスピードを数値で把握できるよう、すべての問題の文書に総ワード数が記載されています。読むのにかかった時間から換算して読むスピードを求め、グラフ化できるようになっています。

 

自分の読解スピードを定量的に記録し、視覚化することで、モチベーション維持する効果も狙うというわけです。

 

本書には30ユニットの文書が用意されており、そのワード数はユニット1の119ワードから徐々に増えて行き、最後のユニット30では162ワードになります。すなわち本書を解き進めていく中で少しずつ負荷が高くなるように設定されています。

 

文書、設問は基本的なものがほとんど

本書における問題の文書はメール、イベントのアナウンス、広告、社内通達、手紙など、TOEICで頻出の文書タイプです。

 

ダブル、トリプルパッセージ問題は含まれていません。

 

テクニックに走らず、ベタ読みして設問に答えるという愚直な取り組み方で解いていくのに向いています。

 

設問自体も、あまりヒネったものがないので、初級者にも取り組みやすいと思います。

 

1問1問に神崎先生とTEX先生による解説付き

本書は問題のすぐ後に正解と解説が記載された構成になっています。

 

解説部分は、神崎先生とTEX加藤先生の共著ということでユーモラスな掛け合いを期待してしまうのですが、割と真面目な解説がほとんどなのでちょっと残念です。

 

 

 

語注が充実

前作「読解特急」では語注がなかったことが学習者に不評だったのか、本書では、神崎先生が「読解本か単語本かわからないくらいの充実ぶり」と言うぐらい語注が満載です。

 

問題に出てきた以外の意味や、派生語も書かれています。たとえばproduce「生産する」に付随して、「農産物」という別の意味やproductivity「生産性」など派生語も書かれているという具合です。

 

TOEICで出題されるものをできるだけ網羅しようという意図で、かなり力を入れて作られたようです。

 

 

 

この語注充実度は「読解特急3 上級編」にも引き継がれています。

 

読解ドリルだが音声も活用できる

教材の学習の仕方としては、時間を測りながら問題を解いて解説や語注を読むのがメインですが、余裕があれば音声ファイルをダウンロードしてリスニングやシャドーイングをすることもできます。

 

ところどころに、神崎先生またはTEX加藤先生によるコラムも挿入されています。やはり割と真面目な内容です。

 

「新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編」の評価

 

教材コンセプトは?

スピード強化を意識しつつも、本質はPart7問題をたくさん解くことと、TOEIC基本語彙を身につけられるのが本書のコンセプトです。

 

効果が出るか?スコアアップが期待できるか?

TOEICで出題される文書の種類すべてを網羅しているわけではないので、本書だけで万全なPart7対策ができるわけではありません。

 

ただし安定な得点源となる頻出文書タイプはカバーしているので、初級者~中級者は本書をしっかりやればスコアを安定させるのに役立つでしょう。

 

上級者はもっとワード数の多い記事問題やダブル/トリプルパッセージ、SNSなど他のタイプの文書も練習が必要になります。

 

実践可能な内容か?

電車の中でも解ける特急シリーズなので誰でもどこでも実践できます。

ただし、実際に時間を計りながら解くというのは少し面倒ではあります(というか、解いているうちに時間を計っていることを忘れてしまう人が多いのではないでしょうか)。

 

メリット・デメリット

■デメリット

・TOEICで出題される文書タイプの網羅性が低い。割とストレートに解けるタイプの文書がほとんど。なので本書は、読む練習はできるが、TOEIC本試験における時間マネジメントについては別途練習する必要がある。

・本書は読解問題ドリルであり、Part7文書の特徴や解答テクニックなどは問題の解説の中でサラッと書かれているにとどまる。Part 7問題への取り組み方を体系的に学びたい人は濱崎先生の「リーディング プラチナ講義」やヒロ前田先生の「究極のゼミ」がおすすめ。

 

■メリット

・初級~中級者にとって適度な負荷となる長さの文書ばかりなので、あまりストレスを感じず読解に取りくむことができ、読むスピードの基礎を作るのに良いと思われる。

・音声ファイルも用意されているので、リスニングもあわせて練習することでTOEIC的な文のリズムを習得しやすくなっている。

・TOEIC頻出語彙が意識して盛り込まれており語注も充実しているので、繰り返し解くことでTOEICに必要な語彙力が身につく。

 

向いている人・向いていない人

・「速く読めるようになるマル秘テクニック!」的な内容ではないので、そういうものを期待している人には向いていません。

 

総評

「新TOEIC TEST 読解特急2 スピード強化編」の総合評価・・・評価B(良い教材)

 

読解特急1~3を当ブログでレビューしてきましたが、特に初級者にとってはこの「読解特急2 スピード強化編」がいちばん取り組みやすいと思います。

 

読解特急(1作目)はTOEICと同じ問題数で構成されていたので、「模試をやるときのように、時間配分を考えながら全問解くべきだろう」と考えたりする人もいると思いますが、本書は1問1問完全独立なのでそういう縛りを受けずに気軽に取り組むことができます。

 

また、3作目の「上級編」は、学習者をイライラさせるような長い長い記事問題ばかりですが、本書はワード数少なめのシングルパッセージばかりなので取り掛かりやすいです。あちこち探さなくてもベタ読みしていけば解答の手がかりが見つかるようになっています。

 

「長い間英語から離れていたので、読むスピードが鈍ってしまっている」というような人が読解ペースを取り戻す練習台として、本書はちょうどいいと思うのでやってみてはいかがでしょうか。

 

 

◆おすすめオンライン講座◆

500本超の動画レクチャー見放題!

本番そっくりのサンプル問題5000問解き放題!
模擬テスト受け放題!

分からない所は質問し放題!

 

TOEIC対策『英語ビュッフェ』

 

>>詳細はこちら

 

 

タグ :    

リーディング

この記事に関連する記事一覧