TOEIC 問題集 参考書

TOEICは参考書選びから!おすすめTOEIC教材紹介サイト

TOEIC教材ランキング(単語)


TOEICではすごく広い範囲の会話・文書が出題されるような気がしますが、実は限られたテーマの中で問題が作られているのが事実です。一般的な単語集より、TOEICに出る単語を重点的に学習していくと効率的です。

 

とはいえ単語をひとつひとつ覚えるのは大変なので、覚えやすいように工夫をした教材が市販されています。

 

ここでは、おすすめTOEIC教材ランキング(単語力強化ジャンル)を作ってみました。

 

各教材の詳細については、個別レビュー記事をご参照ください。

 

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC本試験に出る単語のみを集めた単語集

TOEIC990点講師・TEX加藤氏が過去42回のTOEIC受験直後に書き留めた「TEXファイル」を元に作られた単語集です。7語以下のTOEICフレーズ&穴埋め問題形式で効率的に学習できる構成になっています。

著者 対象学習者 教材タイプ ページ数
TEX加藤 初級~中級者 単語集(フレーズ型) 270ページ

 

TOEICテスト ボキャブラリー プラチナ5000
TOEICテスト ボキャブラリー プラチナ5000

5000を超える精選語句を収録したTOEIC頻出単語集

全体が一つのストーリーで構成され、イラストや音声を活用して、イメージと語句を結びつけながら学習できる語彙力強化教材です。場面ごとに関連語句がまとめられているので、記憶が定着しやすくなる効果があります。またリスニングセクションで会話場面を瞬時にイメージする力も伸びると期待できます。

著者 対象学習者 教材タイプ ページ数
濱崎潤之輔 全レベル 単語集(フレーズ型) 463ページ

 

TOEIC TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990
出る順で学ぶボキャブラリー990

TOEIC登場頻度でまとめられた語句集

TOEICに登場する頻度による区切りで語句を学ぶ教材です。リズムのよさ・音読しやすさを考慮して作られた例文を使い、CDを活用したリスニング・音読を通して単語を自然に覚えられるように作られています。

著者 対象学習者 教材タイプ ページ数
神崎正哉 初級~中級レベル 単語集(例文型) 241ページ

 

1駅1題 新TOEIC TEST 単語特急
1駅1題 新TOEIC TEST 単語特急

パート5問題形式で学ぶTOEIC単語集

パート5形式(空所穴埋め問題)の例題で語彙を学ぶ教材です。単語単体ではなくセンテンス単位で学習することで、単語の意味だけでなく語法・コロケーションも身につき、応用の効く語彙力を習得できます。

著者 対象学習者 教材タイプ ページ数
森田鉄也 初級~中級者 例題解説型 255ページ

 

ランキング解説

1位はTEX加藤先生の「金のフレーズ」で、フレーズの穴埋め問題形式で単語を覚えていく教材です。TEX加藤氏自身のTOEIC受験経験を元に分析・精選されたTOEIC頻出単語が収録されており「出題されない単語は一つもない」とのことなので、まずはこの本がおすすめです。個人的にはTEX先生がところどころに書いているTOEIC解説がとても好きです(レビュー記事を参照してください)。

 

2位は濱崎潤之輔先生の「ボキャブラリープラチナ5000」です。何といっても、難易度順ではなく「場面ごと」に関連する語句をまとめて学習できる点がとても優れていると思います。また音声ファイルも3種類用意されており、いろんなアプローチでの学習が可能です。上級スコアを目指してどっぷりTOEICをやっていきたい人におすすめです。

 

3位は神崎正哉先生の「出るボ」です。登場頻度順にまとめられたオーソドックスな構成の語句集ですが、付属のCDで「音声を通して単語を覚える」のが特長です。タイトルの「990」は見出し語の個数で、例文と補足説明を合わせると3300語をカバーしていますので初級~中級者まで使えます。

 

4位は森田鉄也先生の「単語特急」です。パート5形式で学ぶようになっており、単語の「意味」だけでなく「使い方」「他の単語との相性(コロケーション)」も含めた、深い語彙力が養成されます。

 

以上、TOEIC単語教材ランキングでした。参考にしていただけると幸いです。