TOEIC 問題集 参考書

TOEICは参考書選びから!おすすめTOEIC教材紹介サイト

「1駅1題 新TOEIC TEST 単語特急」(森田鉄也さん)のレビュー

 


こんにちは。

 

今回は単語力強化の教材「1駅1題 新TOEIC TEST 単語特急」をレビューします。

 

 

 

単語を覚えるのが苦手な私は、単語と意味がダラダラと書かれている教材だったらイヤだな~(レビュー書くのも難しいし)と思っていたのですが、本書は単語力強化本としてはちょっと変わっていて面白いです。

 

ではレビューをしていきます。

 

教材著者・森田鉄也さんとは?

本教材著者の紹介です。

 

■森田鉄也(もりた てつや)さん 略歴

 

慶応義塾大学文学英米文学専攻卒業、東京大学大学院人文社会系研究科言語学修士課程修了。

専門は認知言語学。

東進ハイスクール、河合塾、慶應大学外国語学校、TOEIC専門校エッセンス イングリッシュ スクール講師。楽天などの大手企業でのセミナー講師もつとめる。

TOEIC990点英検1級、アメリカ留学中に英語教授法の資格であるTEFLを取得。

日本語教育能力検定試験にも合格。

 

教材の概要

本教材の基本スペックは下記のとおりです。

 

・TOEIC頻出単語の習得用教材。

・主に初級者~中級者向け。ただし上級者向け問題もあり。

・教材パターンは例題解説型

・2009年第1刷発行のため、2016年改訂の新形式TOEICテストへの対応は考慮されていない。

 

■テキスト

新書サイズ、255ページ。

 

■音声ファイル

ウェブサイトからMP3形式音声ファイルをダウンロード可能。

 

学習内容の詳細

まず本書の特徴を一言で言ってしまうと、

TOEIC パート5問題形式で単語を学ぶ本」

です。つまり本書は、問題文中の空所に合う単語を選ぶ形式の例題とその解説という構成になっています。

 

パート5形式といっても、品詞問題や動詞問題のような構文型の問題ではなく、4つとも同じ品詞の選択肢からなる「文脈・語彙型」の問題です。(一部例外あり。)ですから基本的には単語の知識を強化する教材になっています。

 

本書のレイアウトは、下の画像のように、右側ページが例題と問題文中の単語の解説、その次の左側ページが解答・解説・日本語訳・選択肢の単語の解説という形になっています。花田先生の「文法特急」や加藤先生の「900点特急」と同じ形式です。

 

 

それでは章ごとに内容を見ていきましょう。

 

はじめに-どうしてこの本を使ってほしいのか?

ここでは著者・森田鉄也氏自身が英語講師になるために実践した学習方法の話や、本書の特徴について書かれています。

 

第0章 トレーニング・プログラム

第0章では、例題に入る前の準備として、次のようなことが書かれています。

 

・パート5形式の問題を解きながら単語力をつけるために、ある程度の緊張感を持って取り組む方法

・効率良く記憶するための学習/復習方法「グルグル勉強法」

・音声ファイルの活用方法

・「点」として覚えた知識同士をつなげて「線」にすることで知識を体系化する「Word Network」

 

第1章 「スコアアップにつながる単語力」をつける8題

第1章から実際にパート5形式の例題で学習していきます。

 

第1章では、「スコアアップにつながる単語力」と称されていますが、その意味するところは単語の意味だけでなく、その「使われ方」も一緒に覚えてこそスコアアップにつながるということです。次のような例題が挙げられています。

 

・数量詞のみが並んでいる選択肢から、複数形の名詞を修飾できるものを選ぶ問題

・同じ接頭語を持つ動詞の選択肢から、目的語を取らない語を選ぶ問題

・見た目の似ている副詞が並んだ選択肢から、文意に合うものを選ぶ問題

 

第2章 頻出動詞問題 18

第2章からは、解答目標タイムが示され、時間を測りながら解くようになっています。

 

第2章は頻出動詞問題で、選択肢には同じ形(現在形/過去形/ing形・・・)の動詞が並びますので、文意と語法を手がかりに解いていきます。例えば次のような問題です。

 

・文意を考慮しつつ、「目的語に人を取って、さらにthat節をとれる動詞」を選ぶ問題

・文意を考慮しつつ、「後にto+動名詞をとれる動詞」を選ぶ問題

・lookを使った熟語が並んだ選択肢から文意と語法に合うものを選ぶ問題

 

第3章 頻出名詞問題 12

第3章は頻出名詞問題で、基本的には選択肢の単語の意味を考えて文意に合うものを選ぶ問題ですが、その名詞を修飾している形容詞など前後の語句との関係も手がかりにします。 次のような問題があります。

 

・動詞makeと相性がよく、smallで修飾できる名詞を選ぶ問題

・a ------- ofの空所に入る語のなかで、後に続く語句から判断して適切な名詞を選ぶ問題

・-ributionsで終わる名詞の中から、文意に合うものを選ぶ問題

 

第4章 頻出形容詞問題 17

第4章では、頻出形容詞の問題です。ほぼ全て、文意・文脈に合う語を選ぶ問題です。

 

第5章 頻出副詞問題 17

第5章では、頻出副詞の問題です。前章と同じく、構文的な手がかりがほとんどないので、文意文脈から適切な副詞を選びます。次のような問題があります。

 

・-lyで終わる語が並んだ選択肢から文意に合うものを選ぶ問題

・時間に関する副詞(already、still等)から文意に合うものを選ぶ問題

・anyoneという名詞を修飾できる副詞を選ぶ問題

 

第6章 前置詞・接続詞問題 8

第6章では、前置詞・接続詞を扱います。文意文脈より、文中の語との対応関係に着目すれば解けてしまうものが多いです。

 

・andを伴って使われる前置詞を選ぶ問題

・sameに伴って使われる前置詞を選ぶ問題

・in ○○ toの形の群前置詞が並んだ選択肢から、文意に合うものを選ぶ問題

 

第7章 実力チェック問題 10

第7章は、前章までと比べて、前後の語句との関係で解答するのが難しい問題が多くなっています。

 

・-tionで終わる名詞が並ぶ選択肢から文意に合うものを選ぶ問題

・-ableで終わる形容詞が並ぶ選択肢から文意に合うものを選ぶ問題

・courteousという形容詞が修飾し得る名詞を選ぶ問題

 

第8章 挑戦! 超ハイスコアレベル問題 10

第8章は、選択肢の単語のレベルが高く、この本でもっとも純粋にいわゆる「単語力」が求められる難問題が詰め込まれています。次のような問題です。

 

・-ousで終わる形容詞が並ぶ選択肢から文意に合うものを選ぶ問題

・-ateで終わる動詞が並ぶ選択肢から文意に合うものを選ぶ問題

・-mentで終わる語が並ぶ選択肢から文意に合うものを選ぶ問題

 

index

巻末には登場した語句のindexが付属しています。

このindexでは、単語だけでなく「句」(a fraction of、ahead of scheduleなど複数の単語のかたまりで意味を作るもの)で検索することができます。

 

以上が教材内容になります。

 

「1駅1題 新TOEIC TEST 単語特急」の評価

 

◆教材コンセプトは?

「パート5形式の問題を解きながら単語を覚える」というのが本書の特徴なのですが、なぜその方法が単語を覚えるのに有効なのか?が説明されていないのでコンセプトが分かりづらいです。「スコアアップにつながる単語力」という言葉が第0章で出てきますが、それがどういう単語力なのかも解説されていません。

あえてフォローするなら、語法・慣用表現・コロケーションも含めて単語を覚えることがスコアアップにつながるのかなと個人的には考えています。

 

◆効果が出るか?スコアアップが期待できるか?

初級〜中級レベルまでのパート5の語彙問題対策としては良いと思います。が、上級者向けの問題は少ないし、他のパートにも対応できる単語力となると少し心細い感じもします。

 

◆誰でも実践できる学習内容か?

パート5問題を解いていくだけなので全く問題なく誰でも取り組めます。変なノウハウ等はありません。

 

メリット・デメリット

■デメリット

・選択肢の単語はともかく、問題文中の単語は初級レベルのものがほとんどなため、トータルで習得できる単語数は多くない印象。中級以上の学習者にとっては負荷が低いと感じるかもしれない。

・単語の意味は解説されているが発音記号は記載されていない。音声ファイルを活用すべし。

 

■メリット

・パート5形式のため、単語の意味だけでなく語法、呼応関係、慣用表現も含めて学ぶことができる。

・形が似ていて意味が異なる紛らわしい語を区別する問題が多く含まれているので、意識して覚えておけば本番で役立つと思われる。

・問題を解くことで、受け身でなく能動的に単語を覚えていくことができる。

 

総評

「1駅1題 新TOEIC TEST 単語特急」の総合評価・・・評価B(良い教材)

 

特にパート5対策の本とは書かれていませんが、まあパート5を中心としてTOEIC頻出語とその語法を学ぶのに良い教材というところでしょうか。

 

問題を解きながらのほうが覚えやすいので、こういう(パート5問題の)形式になっているのは悪くないと思います。ただしあまり多くの単語を収録できないですね。

 

基本単語の語法を定着させるための副教材という位置づけで使うのが良いでしょう。

 

◆おすすめオンライン講座◆

500本超の動画レクチャー見放題!

本番そっくりのサンプル問題5000問解き放題!
模擬テスト受け放題!

分からない所は質問し放題!

 

TOEIC対策『英語ビュッフェ』

 

>>詳細はこちら

 

 

タグ : 

単語

この記事に関連する記事一覧